シャッターについて|シャッター修理のプロフェッショナル|暮らしのサポート隊

シャッターについて

メンズ

一般に流通している物について

シャッターとは何かと言うと主に商店街などで閉店となるとそれを閉めていき終業時間になったことを知らせることをお客に示すことに用いられたり、家やマンションに設置されているような車を入れておく車庫を閉めることによって車上荒らしや天災などで車を守ることを目的とした物です。手動で開けるタイプもありますが、今は自動で開くものが多いです。しかしシャッターが開くまで時間が少しかかります。そのような役割があるだけでなく、防火用のシャッターもあります。デパートや会社、高層ビルなどの大きな建物内で設置されていることが多く、防火扉のような役割を果たします。もし火災が起きた場合はボタンなどを押すことによって自動的に作動します。

企業や店が使用しているシャッターについて

火災用のシャッターは自動で降りてきた時に燃え広がる炎を一時的に食い止めて被害の拡大を防ぐことができます。それに加えてスプリンクラーが作動し、炎を完全に消火することが出来ます。あまりにも炎の勢いが強ければ難しいですが、一時的に食い止めることは可能でその間に消防隊員が駆けつけて消火活動を行ってくれるのでその間の時間稼ぎにもなります。シャッターにも色んな物がありますが、手動で開けるものは多少の肉体的な疲労もありますが、自動に比べるとその早さには違いがあり、前述でも述べたように自動はあまり早くないです。手動は勢いよく閉めればすぐに閉まります。ですが技術の進歩は日々向上しているのですぐに手動の早さに追いつくでしょう。